ホーム > 施術者紹介
いちろうはりきゅう治療院
 

院長 杉田一朗

院長 杉田一朗

 こんにちは!杉田一朗と申します。
ここ地元桜上水でいちろう鍼灸治療院を開業させて頂いております。
私は長く格闘技の選手として生活しており、自身も含めケガに苦しむ選手を多く見て来ました。
治療家としての人生をスタートさせたのは、それらの故障を抱えた選手達の力になりたいという思いからでした。
過去にヒザの靭帯を3本断裂する大ケガをしましたが、鍼とお灸で正座できるようになるまで回復させてもらい、改めてその効果を実感しました。
 体を傷る事と治す事は真逆のようですが実は表裏一体です。
空手や格闘技で培った身体の使い方や感覚を治療に活かし、より多くの人が明日また元気に頑張れるように精一杯努力して治療させて頂いております。
お身体の痛みや不調でお困りの際はぜひご相談下さい!


プロフィール

院長 杉田一朗 1981年2月10日 生まれ
東京都世田谷区出身
専修大学商学部商業学科 卒業
東洋鍼灸専門学校 卒業

空手 初段 / 剣道 参段
15歳の時に空手道場に入門。その後、総合格闘技選手として数々の試合に出場。
同時に空手・総合格闘技の指導員も務めた。
自身の引退後、ケガで苦しむ選手のケアをしたい思いで東洋鍼灸専門学校に入学。
働きながら昼間部に通学し、同校を卒業。
大宝医科工業賞を受賞。

鍼灸師(国家資格) 
免許番号
はり師  第175217号
きゅう師 第174966号

東洋療法学校協会 第37回学術大会 口頭発表
「知熱感度測定法による経絡の変動の測定」
東洋療法学校協会 学術発表

東京マラソン2016 
「ランツボ・はりケアステーション」参加
2016東京マラソン